0466-54-4374 藤沢駅北口徒歩3分アクセス

ネット受付はこちら
水曜:10:00~19:00 ◯日曜:10:00~14:00
診療時間
8:00~19:00

美容皮膚科

美容皮膚科 美容皮膚科では、症状を改善させるだけでなく、治療後もトラブルを繰り返さないように肌環境を保つことを目指した治療を行います。
お肌の悩みを解決し、きれいなお肌を手に入れるお手伝いをします。
気になる皮膚症状がありましたら専門医にお任せください。
患者様お一人お一人の悩みに真摯に向き合い、その方に合ったオーダーメイドの治療を心がけます。

シミ・そばかす・肝班(かんぱん)

メラニンという色素が、お肌の色を決定しています。
メラニンには、肌細胞を紫外線などから守る働きがあります。
しかし、つくられ過ぎると、シミやそばかすの原因になってしまいます。
シミとそばかすは、どちらもメラニン色素の増加が原因となって発症しますが、シミは30歳以降の女性に多く、形や大きさもさまざまです。

光を照射することによって皮膚内のメラニンを破壊する、フォトフェイシャル・フォトRF(オーロラ)などによる治療が効果的です。

毛穴・ニキビ・ニキビ跡(ニキビ痕)

皮脂にはお肌に潤いを与え、皮膚を保護する働きがあります。
しかし、皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴から皮膚表面に出ていく際、皮脂がスムーズに流れ出ないと炎症を起こし、その結果としてニキビができることになります。

ケミカルピーリング・マクロピールなどの治療法では、グリコール酸・サリチル酸などを使用し、皮膚表面の硬くなった角質や皮脂内の汚れを取り除き、皮膚のターンオーバーを正常にすることで、ニキビ・ニキビ跡を治します。
また、クレーター状のニキビ跡には、極微細なステンレススチールの針がついたローラー状の機器で治療すれば、皮膚内のコラーゲンの増殖・皮膚再生を促し、表面のデコボコをなだらかにすることができます。

シワ・小ジワ

加齢につれてできるしわやたるみは、見た目年齢を上げるだけではありません。
目の下の皮膚が垂れ下がり、しわができることで疲れた表情に見えたり、口元の皮膚が垂れ下がり、口角が下がることで不機嫌そうに見えたり、本来その人が持っている良い表情まで損ねてしまう可能性があります。
目の下のしわ・法令線などのように、皮膚の下垂によってできるしわにはヒアルロン酸注入、目尻・眉間・額などにできる表情筋の動きの癖によってできるしわにはボツリヌストキシン製剤などの治療法が効果的です。

くすみ・クマ

くすみは医学用語ではありませんが、「肌に透明感が無く、明るさやツヤが感じられない状態」と理解してよいかと思います。
くすみにはいくつものタイプがあり、タイプに応じて治療法が変わってきます。
くすみのタイプや性状に応じて治療を選択します。
ケミカルピーリング、イオン導入等を行いますが、くすみのタイプによっては、食生活に関するアドバイス、適切な保湿の方法、などについてご案内いたします。

赤ら顔

赤ら顔の原因は、拡張した毛細血管です。
これを光によって治療するフォトフェイシャル・フォトRF(オーロラ)などの治療法があります。

脱毛・むだ毛 / 医療レーザー脱毛(ダイオード)

皮膚表面から医療用レーザーを照射することによって毛穴の中の毛母細胞(もうぼさいぼう:毛を作り出している細胞)を破壊し、毛が生えないようにする脱毛法があります。
永久脱毛(毛が1本も生えてこなくなる脱毛)が可能です。

睫毛育毛

睫毛育毛剤とは、その名の通り、自分の睫毛を育毛し、伸ばす薬です。
日本では2014年3月に厚生労働省によって、睫毛用医薬品として製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました。
この薬剤がビマトプロストを主成分(0.03%)とする睫毛用育毛剤です。
睫毛育毛剤なら、1日1回、寝る前に上まぶたの睫毛の付け根部分に一塗りするだけなので手間がかかりません。
また、そもそも緑内障の点眼薬ですし、処方にあたっては医師が診療しますので安全・安心です。

このページの上へ