0466-54-4374 藤沢駅北口徒歩3分アクセス

ネット受付はこちら
水曜:10:00~19:00 ◯日曜:10:00~14:00
診療時間
8:00~19:00

美容外科

美容外科 美容外科は「より若く・美しくありたい」というご要望にお応えする外科です。
美容外科では、容貌に対するコンプレックスを解消して自信を取り戻し、はつらつと生きていただくことを目標にしています。
患者様お一人お一人の悩みに真摯に向き合い、その方に合ったオーダーメイドの治療を心がけます。
以下にあるもの以外も対応いたしますので、ご相談ください。

重瞼術

日本人の顔の特徴として1番に挙げられるのは、一重の目です。
白人の二重に比べ、やや重く表情が乏しい感じがあります。
日本人に一重が多い理由としては、日本人は二重を作る筋肉の発達が弱いことがあげられます。
二重を作る筋肉とは、目を開ける筋肉である上眼瞼挙筋という筋肉の一部が枝分かれをして、皮膚まで伸びたものです。
その筋肉がしっかりしていると白人のようにはっきりした二重になり、弱いと一重になってしまいます。

1つは眼瞼に糸を埋め込み、筋肉の代わりをさせ、皮膚を引っ張り上げる方法です。
これは糸を皮膚に埋没させるため、埋没法と言われます。
もう一つは皮膚を切開し、眼輪筋といわれる筋肉の一部を切除し(切除しても眼瞼には支障はありません)、眼瞼の深くにある瞼板といわれる軟骨と、皮膚を糸ではりつけてしまうやり方で、切開法という方法です。

埋没法は手術時間が短く、腫れも1週間程度です。
その代わり二重の固定力が多少弱く、一重に戻ってしまうことがあります。
皮膚の厚い人や眼瞼に脂肪が多い人は戻りやすい傾向があります。
切開法は一重に戻る可能性はかなり低くなります。
その反面、手術時間が長くなり、腫れも大きくなります。
また仕上がりも埋没法に比べ、若干はっきりした二重になる傾向があります。
手術法によって特徴が異なりますので、状況によって手術法を使い分けます。

隆鼻術

現在の隆鼻術は一般的な隆鼻術と軟骨等を用いた鼻尖形成術に分類されますが、ここでは一般的な隆鼻術について説明します。
現在使用されている隆鼻材料としては医療用シリコン(シリコンプロテーゼ)が90%占めています。
その他には耳介軟骨や鼻中隔軟骨、肋骨、腸骨等の自家骨や、僅かですが側頭筋膜、手首の腱等を用いています。
術前にレントゲンを撮り、鼻骨、鼻軟骨の高さ、形態を確認してプロテーゼを実際の鼻にフィットさせ患者の希望に合うように作製します。

フェイスリフト(皺伸ばし)

自分の顔が少したるんできたのを少し戻して若々しく見せようという手術で、5年、10年前の顔の輪郭を取り戻す手術です。
フェイスリフト手術は、起きていても、寝転んだときの顔が保存されていると考えればおおよその効果が理解できます。

豊胸術

乳房を大きくする豊胸術は、1990年代初頭に米国を中心としてシリコンバッグが規制されたため、生理食塩水バッグを用いる方法が流行して現在に至っています。
我が国では医師の裁量のもとであれば、いかなる材料を生体内に入れることも許されますが、厚生労働省がその安全性を保証したわけではありません。
従って、患者様はご自身の体を守るためには、使用する材料の性質と、生じる可能性のある後遺症およびその場合の対処法について十分に医師から聞いて納得される必要があります。

脂肪吸引

脂肪吸引法は気になる部分の皮下脂肪を陰圧ポンプを用いて吸引除去し、部分的な美しい体のラインを得るという理論的には単純で効果的な方法ですが、体重減少を目的とした痩身のための方法ではありません。
脂肪吸引法の適応は吸引できる皮下脂肪があるということが絶対です。
部位的には皮下脂肪が余分に付いていればどこでも吸引可能ですが、一般的には頬部、頚部、上腕、腹部、腰部、臀部、大腿、下腿です。
それと皮膚のタルミがないということが重要です。
タルミがあれば皮下脂肪を吸引した分だけタルミが目立ってしまいます。

このページの上へ